1967年創立

コンピュータ研究会・WINCは早稲田大学で最も長い歴史を持つコンピュータサークルです。当会は、1967年創立の早稲田大学コンピュータ研究会と、早稲田大学情報科学研究会(WINC)が合併して誕生し、50年以上にわたって活動を続けてきました。

バーチャルツアー

大学・学年不問

気になるサークルがいくつもありますか?当会は兼部が可能です。また、大学・学年・学部・学科に制限はありません。技術の有無も問いません。初心者も経験者も大歓迎です。コンピュータ研究会・WINCの新しい歴史の1ページを刻む仲間を募集しています。

ご入会手続き

公認サークル

早稲田大学の公認サークルとして、部室や会議室といった学内施設の利用が認められています。運営は早稲田大学の学生が主体となって行っています。公認サークルは安心・安全で、新入生に最適なサークルです。(当サークルの分類番号は、C-047です。)

公認サークル一覧

オンラインで活動中

コンピュータ研究会・WINCでは、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにオンラインで活動を実施しています。Web 会議システムや当会専用のコラボレーションツールを活用して、様々な国や地域から毎週 100 名以上の会員が活動に参加しています。見学も受け付けています。

活動場所

インターカレッジ

早稲田大学、青山学院大学、お茶の水女子大学、北里大学、慶應義塾大学、昭和女子大学、上智大学、専修大学、電気通信大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、二松学舎大学、日本女子大学、法政大学、文教大学、武蔵野大学、武蔵野美術大学、明治学院大学など

所属大学マップ

見学受付中

オンラインでの活動の見学を歓迎しています。興味のある部門の都合の良い時間帯の活動を選んでご見学いただけます。活動予定に掲載していない部門やイベントもございますので、お気軽に Twitter の DM またはお問い合わせフォームからお尋ねください。

活動予定


活動内容

プログラミング部門

ハロプロ部で学び尽くした学生が、実践的なプログラミングを行う。完成後は世の中に公開する。基本的にはチームで開発。

できること/やること

  • データサイエンス
  • iOS & Androidアプリ開発
  • Webアプリ開発
  • 競技プログラミング

デザイン部門

様々なアプリケーションのデザイン部分を作成する。他部門との掛け持ちも勿論可能。2020年新設。

できること/やること

  • ユーザーインターフェース
  • ジェネラティブアート
  • デジタルイラスト
  • 早稲田祭でミニチームラボ出店

ハロプロ部門

初心者・未経験者の方向けの部門。プログラミング言語(ここでは主にPython)の基礎的な文法や概念について学ぶ。

できること/やること

  • 言語の基本的概念の習得
  • 言語の基本的文法の習得
  • 周辺技術の包括的把握
  • 自学の方法を知る


活動場所

学生会館について

キャンパスマップ

キャンパス間連絡バス


世話役


年間計画

4月〜8月

スキルを身につける!

たくさんの新入会員を迎えて、いよいよ活動がスタートします。夏合宿に向けて、プログラミングやデザイン、ハードウェア設計のスキルを身につけます。「何から始めれば良いか分からない…」「自分で学習を進められるか不安…」このような思いを抱くのは当然のことです。先輩会員がしっかりサポートするので大丈夫!

この時期の目標の例
  •  調べながらプログラムが書ける
  •  身近な問題を解決するプログラムを作る
  •  オリジナルのウェブサイトを作る

9月

オンライン夏合宿に参加する!

夏合宿は、これまでに学んできたことを活かす最高の機会です。今年度はオンラインで実施します。スキルのバランスを考慮して結成されるグループでソフトウェア開発に挑戦します。役割を分担して、効率よく開発を進めましょう。完成したソフトウェアは、合宿の参加者に向けて発表しましょう。伊豆や河口湖周辺で様々なアクティビティも楽しみます。オンラインで、レクリエーションやディナーセッションを楽しみます。

この時期の目標の例
  •  複数人で役割を分担してソフトウェアを開発できる
  •  開発したソフトウェアを発表して他の人に使ってもらう
  •  フィードバックをもとにソフトウェアを改善できる

10月〜11月

早稲田祭に出店する!

プログラミング部門、デザイン部門、ハロプロ部門に分かれて、または協力して早稲田祭に出店します。早大生なら一度は早稲田祭に参加するべきです!今年度、早稲田祭はオンラインで開催されます。過年度には、タブレットで落書きができるプリクラシステムや、ARを活用したスタンプラリーアプリを開発しました。開発費を回収するためにマネタイズも行います。

この時期の目標の例
  •  グループで早稲田祭に出店する
  •  様々な開発手法について説明できる
  •  仲間と大学生活を満喫する

12月〜2月

コンテストに挑戦!

一年を通して様々なスキルが身についたはず!積極的に大学外のイベントに足を運びましょう!ハッカソン、勉強会、コンテスト、コンペといった様々なイベントの情報を会員に配信しています。ぜひ活用してください!開発したソフトウェアをインターネットで公開して、たくさんの人に使ってもらうのも良いでしょう。

この時期の目標の例
  • ハッカソンや外部の勉強会に参加する
  • コンテストやコンペに挑戦する
  • 開発したソフトウェアをインターネットで公開する


活動予定


お問い合わせ

通常2週間以内に返信いたします。

以下の項目にご同意の上お問い合わせくださいますようお願いいたします。

  • お問い合わせいただいた内容によってはお答えいたしかねる場合がございます。
  • ご入力いただいた内容に不足や誤りがある場合にはご返信いたしかねます。
  • ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせへのご対応の目的でのみ使用します。
  • 事前の通知なく、ご入力いただいた個人情報を当会の会員または早稲田大学に開示する場合がございます。
  • 事前の通知なく、ご入力いただいた個人情報を法令に基づく要請に応じて開示する場合がございます。

取材のご依頼に関しましては、以下の項目にご同意の上ご連絡くださいますようお願いいたします。

  • 一週間程度の余裕をもってお問い合わせください。
  • 原則として、早稲田大学広報課への取材申込が必要となります。
  • 早稲田大学広報課への申請内容のコピーを当会にご提出いただきます。
  • 早稲田大学敷地内での取材・撮影(YouTube等含む)には、広報課の明示的な許可が必要です。
  • 早稲田大学にかかわる映像・写真の使用は、本学の教育・研究・スポーツに関する内容に限り、許可されます。

詳細につきましては、早稲田大学のウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせフォームから

次のお問い合わせフォームをご利用ください。

お問い合わせフォーム

Twitter から

Twitter で @winc_w にダイレクトメッセージを送ってください。

Twitter(@winc_w)


リンク

  • GitHub Education
    GitHub ProやJETBRAINSのIDEが無償で利用できる
  • Azure for Students
    クレジットカード不要でマイクロソフトのクラウドプラットフォームが利用できる

  • Imagine Cup
    マイクロソフトが2003年から毎年実施している学生開発者向けコンペティション
  • U-22プログラミング・コンテスト
    22歳以下のエンジニアを対象としたコンテストで、経済産業省や文部科学省が後援している